29.8 C
Cebu City
2022年 9月26日 月曜日
俺のセブ島留学Proセブ島から世界へ経験者は語る!カナダワーホリ前にフィリピン留学をすべき4つの...

経験者は語る!カナダワーホリ前にフィリピン留学をすべき4つの理由

ワーキングホリデー(以下ワーホリ)を検討している方は、現地で過ごす時間を可能な限り有意義なものにしたいと思っていることでしょう。

特に仕事を辞めて、または学校を休学して行く方なら絶対に英語を身に着けて帰ってきたい!という思いがあるはずです。

そこで、より実りのある機会にするためにワーホリ前にフィリピン留学をすることを私は強くおすすめします。

実際にフィリピン留学のあとにカナダでのワーホリを経験し、日本帰国後に外資系企業へ転職、TOEIC400点台から800点台を達成した筆者の体験談をもとに、フィリピン留学からのワーホリをおすすめする理由をご紹介します。

[人気]スマ留
スマ留スマ留は、語学学校の空き時間や空き場所を利用することで、留学費用を従来の最大半額に抑えることを実現したエージェントです。
対象国は「オーストラリア、カナダ、フィリピン、マレーシア、アメリカ、ニュージーランド、マルタ、イギリス、アイルランド、ドバイ、南アフリカ」。できるだけ費用を抑えて留学したい方は、今すぐチェック!
スマ留のサイトを見てみる>>

そもそもなぜ、フィリピン留学を入れたほうがよいのか?

2カ国目で語学学校に通えば良いと思っている方も多いかもしれません。しかし、カナダの学校ではグループ授業がメインになり、自分と英語レベルが同等のクラスに入ることが一般的です。

同じ英語レベルの人、そしてグループレッスンとなるとなかなかレベルアップしにくいのが現状です。ワーホリができる1年という限られた時間の数ヶ月を学校に費やすのは少しもったいないです。

なので、ワーホリ前に語学学校に通う方がメリットがあります。

初めての海外でも安心

フィリピンではタガログ語の他に英語を公用語としているため、ほとんどの人が英語を話せます。特に語学学校の先生はとても綺麗な英語を話しますし、うまく話せない人への対応にも慣れています。

実はフィリピンの語学学校は韓国資本の学校が多いこともあり、アジア人が多いので現地に行くと非常に馴染みやすいという点があります。

ほとんどの学校は日本人スタッフが常駐している事が多いため、困ったことがあってもすぐに相談できる環境が整っており、海外初心者にも安心です。

この点は語学学校によって異なるので、エージェントに申し込むときにしっかり確認しましょう。申込みなどの詳しい流れはこの記事の最後に記載しています。
  

ワーホリ先の国ですぐに仕事を見つけたい人にもおすすめ

英語力があまり高くない状態でワーホリへ行くと、まず最初にぶつかる壁として自分が理想としている仕事になかなか就けない、という悩みが生まれるかもしれません。

どんな仕事に就きたいかによりますが、英語力が足りていない状態で現地の仕事探しをすると、まず最初にぶつかる壁が英語面接です。

面接の際に相手が言っていることがわからなかったり、自分の言いたいことが言えずチャンスを逃してしまうことになります。

自分はレストランの裏方でいいから大丈夫という人もいるかもしれませんが、まず面接をクリアしなければいけないというのはどんな仕事にも共通しています。できる限り対策をしてから臨むべきでしょう。

フィリピン留学をおすすめする4つの理由

ここでは具体的におすすめ理由を4つ挙げながら、なぜフィリピン留学なのか、詳しくみていきたいと思います。
 

コスパがいい

下の参考記事(平均年収について*)によると、フィリピンの平均年収は日本円で約39万円(1ペソ=2.41円で計算、2021年時点)、対してカナダの平均年収は日本円で約654万円(1カナダドル=99.52円で計算、2021年時点)です。

これを見ても物価の違いが一目瞭然かと思いますが、この違いは授業料でも同様です。

下記に4週間滞在した場合の料金の比較をしていますが、そもそもカナダの語学学校とフィリピンの語学学校では授業1日あたりの授業数が異なることが多いです。

カナダの場合は8:30~15:00や、8:30~13:00、13:00~15:00など比較的短い時間で授業が組まれていることが多い反面、フィリピンは7〜8コマ×50分の授業が9:00~18:00で組まれています。

さらに学校によっては夕食後の20時以降に強制的に自習を取らせるところもあり、文字通り朝から晩まで英語漬けという生活が可能です。

各国を同じ期間で比較しても正確な違いは把握できない可能性があるので、注意が必要です。以下の具体例をご覧ください。

4週間の滞在
フィリピンの語学学校:約11~20万/4w(光熱費、寮デポジット費用、食費、教材費などを含む)
カナダの語学学校:約10万~20万/4w(授業料のみ)

一見、語学学校費用は大差ないように見えます。しかし最初に述べた通り授業数が異なることや、生活費が含まれていないことが大きなポイントです。

カナダでシェアハウスやホームステイをする場合、日本と同じくらいの生活費がかかると考えてください。

よって、長い時間授業を受けるチャンスがあり、食事の用意や住む場所を探す手間が省けることから、フィリピン留学のほうがコストパフォーマンスはいいといえます。

マンツーマン授業が受けられる

フィリピン留学の最大の魅力は、マンツーマン授業が受けられる点と言っても過言ではありません。

もちろんカナダの語学学校にも、マンツーマン授業を持っているところもあります。しかし上記で述べたように授業料に差が出てきます。カナダの語学学校ではグループ授業がメインで、自分が発言できる時間は限られています。

その点、フィリピンでは授業のカリキュラムにすでにマンツーマン授業が組み込まれているため、グループ授業とバランスよく受けることが可能です。

特にマンツーマン授業は、先生と1対1で50分間しっかり話す、しっかり聞くということになりますので嫌でも発言する時間ができます。他に生徒がいないので人目を気にせずに授業に集中できるというメリットもあります。

これを重ねることにより、フィリピン留学が終わる頃には外国人と英語でコミュニケーションを取ることに慣れている状態になります。

英語力も度胸も身につく

マンツーマン授業が受けられるフィリピン留学では嫌でも自分が英語を話さなければ授業が進みません。わからなくてもとにかく話す、という場面に何度も遭遇します。

そうしている間に、とにかくやってみる、話してみるという習慣が身につきます。

そして学校で身についた英語を、休日にカフェやショッピングモールで実践することができます。この経験は、次にワーホリに行く国でも必ず役に立ちます。

2カ国目のスタートダッシュができる

フィリピンで基礎的な英会話力を身につけることができれば、2カ国目でしっかりとスタートダッシュを切ることが可能です。

実践経験がないままカナダにいる自分を想像してみてください。

聞いたことがない言い回しを言われたときや、突っ込んだ質問が飛んできたときにワタワタしてしまったり、わかるフリをしてしまいませんか?

そういう状況は1カ国目のフィリピンで嫌というほど経験するはずです。そのときにどう応対するかはフィリピンで十分身につきます。

ワーホリでは現地で働くことが可能ですので、仕事を目的に行く方がほとんどです。仕事探しには履歴書が必須になりますが、フィリピン留学中に現地で使う予定のものを添削してもらうことが可能です。

いつでも万全の履歴書を提出できる体制を整えることで、2カ国目で抜群のスタートダッシュを切ることができます。

カナダにいってみて、実際にフィリピン留学が役に立ったエピソード

フィリピンで実践的な英会話を身につけていたので環境に早く慣れた

フィリピンで英会話の実践経験を積んだ筆者は、カナダに入国してホームステイ先に着いてからすぐにトロントの中心地にでかけました。

しかし、田舎に滞在していたため、都心までの行き方がわからず…。

スマホで調べてもよくわからなかったため、心臓をバクバクさせながらもフィリピンで先生たちと話したときを思い出して、バス停にいたおばあちゃんに話しかけることができ、その後はバスの中で世間話をし、ワクワクした気持ちで目的地に到着することができました。

フィリピンを思い出し勇気を出して声掛けをしたからこそ、到着してからすぐに、ひとりで公共交通機関に乗れ、現地の人と世間話をしながらバスに揺られる、という経験が得られたのだと思います。

この経験からより自信がついて、同じように臆せず現地の人に話しかけていくことでカナダという異国の地に順応することができたのはよかったです。

仕事の選択肢が広げられた

また、筆者は「折角カナダに来るのであれば人と違う仕事がしたい!」と思って仕事探しをしていました。

日本食レストランやラーメン店は募集数も多く応募のハードルが低かったのですが、カナダ人も使うCraigslistという求人サイトで仕事を探すことに挑戦できました。

Craigslistには美術館の受付やオフィスワークなどの募集もあり、フィリピンでリーディングスキルも少し上げてきた甲斐もあったので、内容をしっかり理解した上で応募!残念ながらその仕事は手に入れることは出来ませんでしたが、最終的に、日本人向け掲示板の英語で記載された求人で【郵便局窓口業務】というレアな仕事をゲットしました!!

また、筆者はカナダ滞在中に日系イベント会社でのインターンも経験できました。
一緒に働くスタッフはほとんどが日本人でしたが、イベントで必要な機材の発注は現地のカナダ企業に依頼するため、フィリピンで身につけてきた英語力と度胸でテレアポを取ったり現物の視察を手配なども行い、人と違う経験値を多く積むことが出来たと思っています。

このように、フィリピンでの経験があったからこそ様々な選択肢から仕事を探すことができました。

留学前やフィリピン留学中に準備しておくべきこと

フィリピン留学がおすすめなのはわかったけれど、事前準備はしなくていいの?と思ったあなたへ。はい、可能な限り準備をするのが理想です。

フィリピン留学前は中学英語までの復習を

まったく話せない状態でフィリピンへ行ってもやる気次第でなんとかなりますが、マンツーマン授業を考えると基礎的な英語学習は済ませて行きましょう。

最低でも中学英語の文法や単語を復習して、簡単な自己紹介ができる状態が理想です。フィリピンに着いたら毎日のように自己紹介する日々が待っていますし、これはカナダに着いてからも同じです。

関連記事:セブ島留学前【英語学習の準備】事前に勉強したい3つのこと

フィリピン留学後のゴールを決める

フィリピン留学が終わる頃になっていたい自分のレベルを決めましょう。TOEICのスコアが欲しい人は具体的な点数をゴールにするのがいいです。

ワーキングホリデーを控えている人は、カフェでお客さんのオーダーをきちんと聞き取れるレベルになる、オフィスワークができるレベルになるなど、具体的なゴール設定がおすすめです。

筆者は当初日常英会話ができるようになる!と決めて渡航しましたが、途中でTOEICスコアで見れたほうがわかりやすいと思い、6ヶ月滞在の残り2ヶ月をTOEICコースに変更しました。

フィリピンにいる間に次の国の情報を集める・現地の人と連絡を取る

フィリピンにいる間は日々の授業に追われがちですが、2カ国目に行く前の時間を有効活用して現地にどんなお店や仕事があるかをリサーチする時間に使うことをおすすめします。

筆者はフィリピン留学期間の後半に、2カ国目の現地のお店や行きたい場所をメモしていました。そのリサーチの途中に見つけた日系のイベント会社にコンタクトを取り、現地入りする前にインターンの申し込みを完了させました。

今ではSNSで気軽に連絡を取り合えるので、2カ国目渡航前から先に現地の人に連絡をとってどんなスキルが必要か聞くのもありです。そしてフィリピンの先生に履歴書を添削してもらう事ができたら最高ですね。

2カ国留学の申し込みの流れ

ここまで読んでいただき、2カ国留学がおすすめな理由がわかっていただけたでしょうか?

2カ国留学については2カ国(フィリピン→カナダorオーストラリア)をよく知っている留学エージェントに相談するのが一番です。

まずは気軽な気持ちで、ご自身がもつ不安などを相談してみてはいかがでしょうか?詳しい話は各留学エージェントへ問い合わせてみてださいね。

エージェントをお探しの方はこちらをどうぞ。
フィリピンセブ島留学エージェントおすすめ【19選】失敗しない選び方とは?

まとめ

語学力に自信がない人やワーキングホリデーの期間を後悔のないように過ごしたいという方には、コスパもよく実力が身につくフィリピン留学を、本命の国の前にいれる選択肢をおすすめします。

フィリピン留学についてもっと詳しく知りたい方はこちら。
セブ島留学ってどんな留学?安く、賢く海外留学したい方は要チェック!

blank
ゲストライター
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

著者の他の記事

同じカテゴリー

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

セブ島留学とは?

おすすめ記事