2020年 10月20日 火曜日
俺のセブ島留学 セブ島留学 セブ島留学とは セブ島留学の治安は?留学生が注意すべき3つの事

セブ島留学の治安は?留学生が注意すべき3つの事

セブ島留学で心配なのが、治安についてです。

セブ島には、治安が悪いところとそうでないところがあります。

留学生はどんなところに注意すべきなのでしょうか?ここでは、セブ島の治安と留学生が注意すべき3つの事柄について、例を挙げて詳しくご説明していきます。

セブ島の治安は?危険なエリアとは?

リゾート地としても知られるセブ島は、フィリピンの他の島と比較して、治安が良い方だと言われています。以下に、具体的な危険レベルや、危険なエリアについてお伝えしていきます。

セブ島の危険レベルについて

セブ島の危険レベルは、「レベル1」です。

危険レベルとは、外務省が公開する「海外安全ホームページ」にて明示されている指標のことです。

海外安全ホームページでは、世界各地の危険レベルを4つの数字によって区分しています。最も危険なレベルを「レベル4」、その反対を「レベル1」として位置付けています。つまりセブ島の危険度は決して高くないと言えるのです。

参考までに、

レベル1は「十分注意してください。」
レベル2は「不要不急の渡航は止めてください。」
レベル3は「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」
レベル4は「退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」

という説明になっています。

危険なエリアについて

セブ島の中でも危険であるのは、フィリピン人でも避けるエリア、歓楽街、乗り物内の、主に3つです。

1つ目は、フィリピン人でも避けるエリアです。カルボンマーケットなどです。セブ島で一番大きな市場で日中であればスリに気をつけていればまず大丈夫ですが、日本人ですとやはり目立ちますので避けるのが無難です。

よく「スラム街」や「貧困エリア」が治安が悪いと言われることがありますが、それはちょっと違います。そういった場所は観光地ではなく住宅地なので、外国人である日本人が興味本位で歩く場所ではないです。まして断りもなしにカメラを向けたりすれば、トラブルになりかねないのでやめましょう。

2つ目は、歓楽街です。クラブやバーが密集している夜の街には特に注意しましょう。歓楽街として有名な「マンゴーストリート」は、その代表的な例です。夜の街でお酒を飲んで気を大きくしてしまうのが、最も危険です。

3つ目は、乗り物内です。街中で走っている乗り合いバス、ジプニーには特に注意が必要です。なぜなら、逃げ場がない閉鎖空間であるからです。ジプニー内ではスリが横行しているため、乗らないことが一番の対策となります。

以上のように同じセブ島内でも、危険なエリアは存在します。特に危険だと思われるような、上記で紹介したエリアには近づかない方にしましょう。

3つ以外のエリアであっても、「日本ではない」という感覚は忘れないようにしてください。ショッピングモールやカフェの中でもスリの可能性などはあります。

セブ島留学の治安は?留学生が注意すべき3つの事

ここまで、セブ島留学の治安全体についてお伝えしてきました。ここからは、実際に留学生が注意すべき事柄について、3つに分けてご紹介していきます。

留学生が注意すべき事1:スリや盗難

スリ
留学生が注意すべき事の1つ目は、スリや盗難です。手持ちの財布やスマートフォンなどが狙われます。特にスマートフォンは高く売れるため、想像以上に狙われる確率が高いでしょう。

スリや盗難には様々な手口があります。その中でも代表的なものについて、以下にご紹介していきます。

1点目は、乗り物内でのスリです。ジプニーに乗り込んだ際に、手荷物を盗られることが多いでしょう。

2点目は、ストリートチルドレンによるスリです。スラムや歓楽街にて、道を歩いていると、突然子どもたちに囲まれることがあります。手持ちの小銭や食べ物などを物乞いしてくるでしょう。その際に、身ぐるみをはがされたり、知らないうちに持ち物を盗られたりします。

3点目は、女性によるスリです。男性がターゲットになります。街中で突如誘惑され、身体を触られます。そのすきに、スマートフォンなどをすっていきます。

4点目は、リュックの盗難です。荷物を背中に背負っていると、知らないうちに盗難にあいます。中身だけごっそり盗られることも多いでしょう。カフェやレストランでも目を離しているとあり得ます。

以上のようにセブ島では、何も知らない留学生をターゲットにしたスリや盗難が横行しています。

対策としては、手荷物を肌身離さずしっかり管理することが挙げられます。例えば、スマートフォンをポケットに入れる、貴重品を席に置きっぱなしにするるなどの行為は慎むべきです。

緊張感がない行動をしたり、自信がない雰囲気を出したりする留学生は、特にスリや盗難のターゲットになりがちです。男性で後ろのポケットに財布を見えるように入れている人がいますが、やめましょう。

留学生が注意すべき事2:乗り物運賃のぼったくり

タクシー
留学生が注意すべき事の2つ目は、乗り物運賃のぼったくりです。移動した先で、法外な額の報酬を求められて泣く泣く払ってしまうことが、例として挙げられます。

フィリピンには多くの移動手段があります。例えば、タクシー、バイクタクシー、ジプニーなどです。その他にも、観光先で利用するボートなども移動手段であると言えるでしょう。

この中で特に注意すべきなのが、バイクタクシーです。物珍しさからつい乗ってしまいがちですが、1対1のやり取りになるからか、騙されやすくなっています。そもそもバイクタクシーは黙認はされていますが違法ですし、ぼったくり以前に安全性に問題があります。学校からも乗らないようにアナウンスがあります。

次に注意すべきなのが、タクシーです。日本と同じ仕組みでメーターで料金が決まりますので、乗車時にメーターが回っていることを確認してください。夜のクラブ前で待っているタクシー、マクタン島の観光地から乗る場合などは、メーターを使わなかったり上乗せを要求してくる場合があります。

メーター使うように言っても応じてくれない場合には、他のタクシーを探すなどしてください。ドライバーとは揉めないようにしましょう。

タクシーの乗り方で最もお勧めなのが、「Grab Taxi(グラブタクシー)」の利用です。なぜなら、アプリ上できちんと配車を行うからです。まれに遠い場所ですと乗車拒否されることもありますが、流しのタクシーを捕まえるよりもずっと安全に利用ができるでしょう。

以上のようにセブ島では、乗り物運賃のぼったくりがあります。「自分に限ってそんなことはないだろう」「自分は大丈夫」などと思ってしまわないよう、常に気を張っておかなければなりません。

最後に注意しておきたいのが、マクタン島のリゾートエリアでの勧誘です。片言の日本語で勧誘してくることが多いです。アクティビティの勧誘が多いですが、たいていライセンスのない個人営業で、クオリティも低い割には価格は高いです。アクティビティは信頼できる会社から申し込みましょう。

留学生が注意すべき事3:恐喝

拳銃
留学生が注意すべき事の3つ目は、可能性は低いですが、恐喝です。例えば、銃をつきつけられてお金やスマートフォンを強奪される、賭けに誘われてお金を奪われる、女性トラブルでお金を請求される、などの事件が挙げられます。

これらの事例はたいてい、複数人がグルとなって留学生側を騙しにきています。先に挙げた危険なエリアにて頻発しているので、注意しましょう。

対策としては、危険なエリアには行かないこと、万が一恐喝にあった場合には、言われた通りに全て渡してください。お金の出し渋りは相手を逆上させるためよくありません。無理に抵抗をすると危険が生じるので、気を付けましょう。

おまけ:話しかけてくるフィリピン人に注意

もう1つ気をつけてほしいのが、東南アジアではよくある犯罪の美人局やトランプ詐欺などです。

マクタン島の観光地やアヤラモールなど外国人が多い場所で、話しかけてくるフィリピン人の話にのってしまうところから始まります。女性や、片言の日本語で話しかけてくる場合もあります。

女性を紹介されたり、ギャンブルに参加させられて負け、多額のお金を取られます。しかし、フィリピンではそもそも売春やギャンブルは違法です。そのため警察に通報できず、泣き寝入りすることになってしまいます。

当たり前のことですが、知らない人との連絡先交換や、食事、一緒に出かけるといったことはやめましょう。

フィリピン人はフレンドリーな人が多いので、知らない日本人に対しても気軽に話しかけてくれる人が多いです。学校のスタッフにはもちろんそんな人はいませんし、お店やレストランの店員さんとの英会話はむしろ積極的に楽しんでもらいたいと思います。

ご紹介したような外国人が多い場所で、知らないフィリピン人が突然話しかけてきた場合には注意してください。

セブ島留学では治安に注意して過ごそう

ここまで、セブ島の治安、危険なエリア、留学生が注意すべき事などについて、例を挙げてご説明してきました。

繰り返しとなりますが、万が一恐喝にあったり、ぼったくりと揉めてトラブルになった場合には、抵抗せず諦めましょう。これが大事なことです。

セブ島で起こりうる危険なことを可能性として紹介しましたが、そもそもセブ島はフィリピンでも比較的治安が良い場所で、多くの留学生が来ています。

ポイントさえしっかり守っていれば、安全に留学生活を楽します。

俺のセブ島留学編集部
俺のセブ島留学編集部
俺のセブ島留学編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。

私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

セブ島留学 おすすめ記事