2020年 10月26日 月曜日
俺のセブ島留学 セブ島レストラン 3つ星レストラン Dining Lab π【ラクレットチーズが美味しい】ITパ...

Dining Lab π【ラクレットチーズが美味しい】ITパーク内おすすめレストラン

セブ島の眠らない街、日々発展を増しているITパーク内に2019年の12月新しい日本人経営のレストランバーがオープンしました。

店名は「Dining Lab π」、ダイニングラボ・パイと読みます。

Dining Lab π (ダイニングラボ・パイ)
このお店、実はAS Fortunaストリートにある居酒屋の「和食ダイニング 松之家」の系列店で、本店は日本の宇都宮にあります。

今回は、「ダイニングラボ(Dining Lab π)」の場所、雰囲気、メニューそして実際の料理をご紹介します。

ダイニングラボの場所


ダイニングラボは、ITパーク内の美味しい日本食レストランの「知暮里(ちぼり)」の裏側、またセブ島では珍しいインド料理レストランの「bharat spice(バラッツ スパイス)」の2階に位置しています。

ITパーク内に校舎のあるQQ EnglishKredoHLCAからは徒歩圏内です。

ダイニングラボの場所
タクシーを使う場合は、運転手さんにITパーク内の「skyrise 1」もしくは、「JP Morgan」と伝えるとわかりやすいです。

配車アプリのGrabを利用する場合は、「Dinigng Lab π」と検索すれば設定できます。

ダイニングラボの雰囲気

ダイニングラボの雰囲気
階段を上がって入り口に着くと、パープル色の看板が光っています。それでは、中へ入ってみましょう。

ダイニングラボの雰囲気
広いホールには、テーブルとバーカウンターがあります。天井が高いため2階席も設けています。

一番奥はDJブースがあり、時間帯によってはノリの良い音楽をガンガン流してくれます。

ダイニングラボの雰囲気
日によっては店内の照明を暗くして、違う雰囲気を演出したりもします。この日は、ちょうどある日系企業の会食があったため、真ん中に長いテーブルを設けていました。

ダイニングラボの雰囲気
金曜日は夜9時からセブ島の有名DJたちを招いて、イベントやパーティーを開催しています。盛り上がってくると、皆んな歌ったり踊ったり、クラブ化することもありますよ。

ダイニングラボの雰囲気
いつも優しいフィリピン人スタッフが立っているバーカウンターです。

お客さんのほとんどは日本人ですが、ここでならフィリピン人の店員さんと英会話を楽しみながら飲むこともできます。

ダイニングラボのメニュー

ダイニングラボの料理の特徴は、「唐辛子・チーズ・ガーリック」の3つの個性の強い食材をふんだんに使うということです。

メニューも普通のバーのメニューにはないラクレットチーズ料理・シカゴスタイルピザ・フライドホールガーリック・スパイシーポテトフライ・ガーリックバーガーなどがあります。

ダイニングラボの料理

ダイニングラボの料理
最近セブで流行っているハイネケンの生ビール!私も好きですが、ここダイニングラボでも飲むことができます。

ダイニングラボの料理
「ハイネケン 250ml (140ペソ)」、「ジムビームハイボール (150ペソ)」

毎日5時から7時は「ハッピーアワー」を実施しています。ハイネケンとジムビームのハイボールがなんと100ペソ!お得です。

ダイニングラボの料理
「フレーバービール (130ペソ)」

ユニークな味と香りが漂うフレーバービールも3種類頼んでみました。Salted Caramel Beerは、香ばしいながらもアクセントのある面白い味で、Cranberry & Lime Beerはフルティーな香りが良かったです。

ただVanila Beerは、正直ビタミン剤の味がしたので、私は少し苦手でした。

ダイニングラボの料理
「オレンジ & レモングラス アグアフレスカ (110ペソ)」

こちらはノンアルコールのドリンクです。アグアフレスカはもともとメキシコのフルーツジュースでですが、オレンジとレモングラスを使ってさらにフレッシュな感じがします。

ダイニングラボには、お酒以外のドリンクもたくさんの種類があるので、飲めない方でも楽しむことができるバーです。

それでは、食べ物もチェックしてみましょう。

ダイニングラボの料理
「アンチョビーポテトサラダ (210ペソ)」

普通のポテトサラダではなく、アンチョビを加えたことで濃厚な味が増しています。マヨネーズとの相性も良く、また魚臭くもなく、想像以上に美味しくいただきました。

ダイニングラボの料理
「カプレーゼ (200ペソ)」

スライスしたトマトではなく半分に割ったトマトにチーズを刺しており、面白い形をしています。バジルの葉っぱの代わりに、パウダーを使っているのが少し残念です。ワインのおつまみに合います。

ダイニングラボの料理
「サーモンカルパッチョ (420ペソ)」

サーモンはたくさん使っていますが、正直美味しくは… 冷凍だったのかな。サーモンの味が薄かったです。

ダイニングラボの料理
「ラクレットチーズ ソーセージ (1,100ペソ)」

日本でも流行っているラクレット。専用のグリルでカタマリのチーズを温めて、溶けたチーズを料理の上に乗せて食べるスイスの料理です。

セブでも食べられます!しかもこのお値段で!

ソーセージ、チキンステーキ、お野菜、ハンバーグと4種類のラクレットがあります。私はソーセージを選びました。

ダイニングラボの料理
カリッと焼かれた大きなソーセージ3本と蒸し野菜、その上に焦げ目がついた香ばしいチーズが乗り、良いアンサンブルを演出しています。ビールにもワインにもとても合います。

ダイニングラボの料理
「セブミートタワー (750ペソ)」

ビーフとポテトのBBQグリルです。ポテトフライも添えられているので、見た目の通りボリューム感はあります。ただフィリピンの牛肉はあまり美味しくありません (笑)。少し硬くて、冷めるとなおさら…

ダイニングラボの料理
「ガーリックテンダーロインステーキ (680ペソ)」

ビーフが食べたいなら、こちらの方がオススメです。ガーリックをたっぶり使ったソースがステーキによく絡んで美味しかったです。お値段も良し!

ダイニングラボの料理
「マルゲリータ (280ペソ)」

見た目の通り美味しかったです。セブでこれ程美味しいマルゲリータピザはめずらしいです。オススメメニューです。お値段も280ペソでコスパもよし!

ダイニングラボの料理
「ペペロンチーノ (280ペソ)」

唐辛子とニンニクを使い、まさにダイニングラボのためのパスタ、ペペロンチーノです。辛さのパンチも程よく、特に麺のゆで加減がとても良かったので美味しくいただくことができました。

ダイニングラボの料理
「スイートチリポテト (250ペソ)」

甘いソースが絡んだポテトウェッジにスパイシーなアクセントが加わり、気づかない内にまた手を伸ばしてしまう病み付きのメニューです。ビールのおつまみとしてオススメ!

ダイニングラボの料理
「フラワーポット ティラミス (200ペソ)」

一見すると植木鉢のようですが、これティラミスです。しかもスプーンもショベルの形をしていて、とても可愛いデザートです。美味しかったのはもちろん、食後に幸せな気分にしてくれるオススメの一品です。

まとめ

ダイニングラボ(Dining Lab π)
住所: CJRS Bldg 2F, India Street, IT Park CEBU CITY
予約:0916 555 5835
営業時間:火〜木5PM~1AM、金〜土5PM~4AM(月曜は定休日)
予算:一人800~1,000ペソ
公式FB:https://www.facebook.com/DiningLabPiCEBU/
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/dining_lab_pi_cebu/

あわせて読みたい記事:お酒を飲みながら欧米人と英会話のチャンスも!ITパークのバーまとめ

俺のセブ島留学編集部
俺のセブ島留学編集部
俺のセブ島留学編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。

私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

セブ島留学 おすすめ記事