2021年 7月5日 月曜日
俺のセブ島留学学校インタビュー格安には裏がある!フィリピン留学「口コミの裏にひた隠しにされ...

格安には裏がある!フィリピン留学「口コミの裏にひた隠しにされてきた本当の実態」

私はフィリピン留学を10回以上経験しました。

留学の先輩として今まで誰も語らなかった真実をお話しします。全て私が留学中に見聞きし、そして感じた事です。

将来の留学の参考にして頂ければと思います。

※この記事は、2016年初回公開の記事です。

フィリピン留学前に知らなくてはならない「7つの実態」

知らないと損をします。フィリピン留学で良く使われる言葉には裏があるのです。今までひた隠しにされた真実をお話しします。

格安留学→違法コピーを使っている留学

格安留学で一番注意をしなくてはならないのは法令順守です。

格安留学を謳うフィリピン留学の中には、本屋で売っている教科書をそのまま違法コピーをして生徒に販売している学校が多くあります。

フィリピンでは大丈夫だと言っていますが世界の常識として違法コピーは絶対にダメなのです。フィリピンだけが許される訳がありません。安い物には必ず理由があります。校舎が古くても、寮が古くても、食事がまずくても大丈夫です。

しかし留学生活を安全に過ごすためにも、違法コピーをやっている学校だけは避けてください。格安と言う言葉に騙されず法令順守でやっている学校を選ぶようにしましょう。

スパルタ式留学→危険なエリアか田舎留学

フィリピン留学で一番重要なのは安全です。フィリピンに英会話学校は200校以上あると言われていますが、安全を担保していない学校が多くあります。

一番怪しいのがスパルタ式と謳っている学校です。スパルタ式の学校の殆んどが田舎にあるか、危険なエリアにある学校です。

学校から一歩も出ないのが安全と言うなら、行かない方が良いです。門限を設けている学校も一緒です。遅くまで外にいると危ないから門限があるのです。

自由に出入りが出来てカフェで宿題をしたり、レストランで英語を使ったり、クラブで現地の人と話をするのが留学なのです。本当に安全な環境にある学校を選ぶようにしましょう。

外国人比率が高い→韓国人しかいない

外国人比率が高いと言うのは気を付けなくてはいけません。要するに外国人とは韓国人だけを指す学校が多いのです。

いろいろな国の留学生がいるインターナショナルな学校だと思ったら大間違いです。

下手をしたら韓国人に交じって3食全部韓国料理で過ごさなくてはならなくなります。フィリピン留学に来て韓国人とだけ親しくなってどうするのですか。

英語は色々な国の生徒と話さなくては意味がありません。日系で日本人100%言うのは論外ですが、フィリピン留学では気を付けないと韓国人か日本人しかいない学校になってしまいます。

本当に色々な国の生徒がいる学校を選ぶようにしましょう。

講師の質が良い→教員免許を持っていない

講師の質が良いと言う謳い文句は便利です。教員免許を持ったプロの教師と言わない所がミソなのです。まして競争率100倍、200倍の厳しい面接を潜り抜けた優秀な先生など全く意味がありません。
フィピンにはそもそも仕事が少ないので仕事の募集をするといくらでも来てしまいます。本当に良い教師なのか分からない学校が多いのです。

基本的に英会話学校が先生を募集するときはパートです。繁忙期だけ必要なので正規雇用では募集しないのです。夏場だけのパートの募集に本当に優秀なフィリピン人が来ると思いますか?

本当にライセンスを持ったプロの教師がいる学校を選ぶようにしましょう。

日本人経営→レスポンスの悪い低品質

日本人経営だから安心とはよくぞ言ったものです。もし社長がフィリピンで陣頭指揮を執っているのなら分かります。

しかし社長が日本にいて現地マネージャーが日本に毎回お伺いを立てて経営している学校が多いのです。だいたい韓国系はオーナーが学校に住み朝から晩まで働いています。

日本人経営だからといっても、社長がフィリピンにいないのであれば単にレスポンスの悪い低品質の学校と言えます。ただでさえマネージメントが難しい海外の学校経営で、社長がいないで高品質な学校ができるわけがありません。

日本経営に拘るのなら代表権のある社長がセブにいる学校を選ぶようにしましょう。

日本食が食べられる→量の少ないまずいご飯

フィリピンでは日本の食材は倍以上します。限られた予算で日本食を作る訳ですから美味しくできるわけがないですし、満足の行く量も出せません。

中途半端な日本食を食べさせられる学校が多いのです。そもそも三食日本食を出す英会話学校は日本人以外の外国人生徒がいないと言う事です。

日本人だけで固まって日本食を食べるより、フィリピンの先生や他国の生徒と語り合いながら食事をするべきだと思います。

どうしても日本食が食べたくなったら外食すればいいのです。英語を使う良い機会です。日本食事こだわるより教師や他国の生徒と一緒に食事ができる学校を選ぶようにしましょう。

グループレッスンや自習が多い→学習時間の水増し

グループレッスンが多いと言うのは一番もったいないと思います。フィリピン留学の一番の特徴はなんと言ってもマンツーマン授業です。世界中に類を見ない素晴らしい学習法なのです。

そして一番理解できないのが自習時間まで学習時間に組み入れる事です。フィリピンまで来て自習時間に授業料を払うのは意味が分かりません。

いかなる理由があっても自習時間を学習時間に組み込んでしまうのは、見た目の授業数を水増しして安く見せているだけです。要するに人件費を抑えて、利益率を高くしたいわけです。現地についてから学校側のその狙いに気づいても遅いです。

フィリピン留学を比較する時は授業時間と料金だけを見ずに、グループクラスの量や自習時間が含まれているか確認して学校を選ぶようにしましょう。

留学先を探すのに信用してはいけない3つの事

最近フィリピン留学のクレームがとても増えたと聞いています。留学してみたら事前に聞いていたのと違うからです。何故そうなったか誰も言わなかった真実をお話します。

留学エージェントを信用しない

留学するときに一番やってはいけないのが留学エージェントを完全に信用することです。

エージェントは独占契約を結んでいる学校か、自分が隠れて経営している学校を進めるエージェントが多いからです。エージェントに騙されたと言う留学生が多いのはその為です。

エージェントを使うのであればエージェント選びからしなくてはなりません。公平の面から、自社で学校を持っていないエージェントを利用することをお勧めします。

口コミサイトのコメントは信用しない

口コミサイトを完全に信用するのも絶対にダメです。そもそも留学を終わって自発的に口コミを書く人は殆どいないからです。唯一書きたくなるのは悪口だけです。

良い事ばかり書いてある口コミはサクラに書かせた記事が多いです。留学してみると口コミとあまりに違うと言う事があるのはその為です。

100%の留学生が満足する学校なんてありえません。良い事ばかり書いてある学校より色々な評価のある学校をお勧めします。

友達の留学経験は信用しない

実際に留学に行った友達に聞く。一見良いように見えますがこれも問題が多いです。

その友達がマニアで複数のフィリピン留学に行っていれば別ですが、基本的に一校しか知らないはずです。本当に良い学校なのかは比較できないのでわからないのです。

もしあなたのお友達がフィリピン留学を経験していたら「7つの実態」について聞いてみましょう。

一つ一つ聞いて自分が納得してから決める事をお勧めします。

ではどうすればよいか

自分で行動してみましょう。今では色々なフィリピン留学の経験者がブログを書いています。そして色々な著者が沢山の媒体で留学の記事を書いています。留学説明会も色々な学校がやっています。

一つの情報だけを信用せずにあらゆる方面から情報を集め総合的に判断してください。

気になる学校があったらまずはホームページを確認して、上記の内容に照らし合わせて読んでみましょう。新しい事が分かってくると思います。

私が必ずやる方法ですが学校のFacebookを確認します。アクティビティーを紹介していて実際の生徒さんの留学風景がわかる学校が良い学校です。Facebookで嘘を書いていたら直ぐに留学中の生徒さんにツッコまれるので真実が多いのです。

最後に

今、フィリピン留学が大流行です。その中で失敗して帰国する方も多く出てきています。安いと言っても何十万円もかけて留学に行くのです。是非、成功して頂ければと思いあえて「知られざる本当の実態」を書きました。

・私からはどこの学校が良いとも、悪いとも言いません。
・どこのエージェントが良いとも、悪いとも言いません。
・そしてどこのサイトが良いとも、悪いとも言いません。

真実だけを述べ何がポイントなのか、どうすればいいのか自分なりのアドバイス添えて書きました。実行するのはこれから留学するあなたです。

本当の「フィリピン留学の特徴」を知って頂きあなたに合った留学先が見つかる事を祈っています。

profile author 2016 39 2
ゲストライター
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

著者の他の記事

TAGS

同じカテゴリー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

セブ島留学 おすすめ記事