27.8 C
Cebu City
2022年 5月29日 日曜日
俺のセブ島留学Proセブ島から世界へマルタ留学エージェント【5選】マルタ留学の魅力完全ガイド

マルタ留学エージェント【5選】マルタ留学の魅力完全ガイド

コロナ禍でいち早くワクチン接種が進み、主要留学国の中でも安心して留学できる国として注目されているマルタ。

イギリスとの歴史的関係が長く続いた国でもあり、EU圏内では珍しく英語が公用語となっています。日本における留学先としての知名度はまだ高くはありませんが、近年では日本から語学留学する人が増えています。

今回は、そんなマルタ留学の魅力とおすすめマルタ留学エージェントを徹底解説していきます!
ぜひ、参考にしてみてください。

この記事でわかること
1.マルタの基本情報
2.マルタ留学をするべき理由
3.マルタのおすすめ語学学校及びエージェント
[人気]スマ留
スマ留スマ留は、語学学校の空き時間や空き場所を利用することで、留学費用を従来の最大半額に抑えることを実現したエージェントです。
対象国は「オーストラリア、カナダ、フィリピン、マレーシア、アメリカ、ニュージーランド、マルタ、イギリス、アイルランド、ドバイ、南アフリカ」。できるだけ費用を抑えて留学したい方は、今すぐチェック!
スマ留のサイトを見てみる>>

マルタの基本データ

Malta photo1 マルタ留学エージェント【5選】マルタ留学の魅力完全ガイド
首都バレッタ

国名 マルタ共和国(Republic of Malta)
首都 バレッタ
人口 約51万人(2019年)
人種 マルタ人
言語 マルタ語/英語
宗教 キリスト教(カトリック)

国・都市情報

天気・気温

地中海性気候で、1年を通して比較的温暖。東京と比べると夏は暑くも乾燥していて、冬は少し温暖な気候です。

マルタの観光シーズンは5~10月。一年で最も暑い8月は、40度を超える日もあります。10~4月はオフシーズンとなり、特に1月から2月の朝晩はかなり冷え込みます。また、マルタは年間300日以上は晴れと言われるほど、天気に恵まれています。

物価

マルタの物価は安いと言われますが、平均すると日本と同じくらいです。ものによっては日本より少し安かったり、高かったりもします。バスやタクシーなどの交通機関は日本より安くて便利です。

例)
バス片道1回:夏季2ユーロ(264円)・冬季1.5ユーロ(198円)
タリンヤカードという長期滞在者向けのバスカードだと片道1回0.75セント(99円)
スタバのキャラメルマキアート:トールサイズ 4ユーロ(528円)
ビッグマックセット:7.35ユーロ(970円)
レストラン相場:ランチ10~20ユーロ(1320~2640円) ディナー20~30ユーロ(2640~3960円)
マルタビール500ml1缶:1.19ユーロ(157円)
家賃相場:スリーマ地区 1LDK 800~1000ユーロ(10万~13万円)
※1ユーロ=132円で計算

食べ物

マルタから一番近い国はイタリア。そのため、イタリア食文化の影響を強く受けており、パスタやピザを主食とする人がとても多いです。また、マルタはヨーロッパ、中東、北アフリカに囲まれた国でもあるため、日本ではあまり見かけない珍しい地域の料理を食べることもできます。

歴史的に深い関わりのあるイギリス料理も人気です。マルタはうさぎの肉を食べる文化があり、うさぎ肉の煮込み料理やパスタはマルタならではの郷土料理となっています。

スポーツ

サッカー

ヨーロッパの多くの国ではサッカーが人気ですが、マルタ国内でも老若男女問わず人気があります。サッカーのクラブチームは、国内で53チームもあり、マルタプレミアリーグと呼ばれる国内リーグも存在します。

FIFAランキングでは169位(2022年)と世界的にはまだまだ高いとは言えませんが、近年では日本からサッカー留学をする選手も増えています。

マラソン

マルタは海沿いにプロムナードと呼ばれる長い遊歩道があり、仕事の前後にランニングをしている人が多いです。毎年2月頃には、マルタ国際マラソンが開催され、世界中からたくさんのランナーが参加します。

おすすめ観光地

バレッタ旧市街

バレッタ
マルタの首都であるバレッタは、街全体が世界遺産に登録されています。バレッタ旧市街は、今でも中世の雰囲気が色濃く残されていて、映画のロケ地としても利用されています。蜂蜜色のマルタストーンで作られた建物は必見です。

コミノ島

マルタ観光のパンフレットで、「船が宙に浮く」写真を見たことはありませんか。マルタで最もフォトジェニックなスポットとして観光客が訪れるのが、コミノ島。海の透明度は地中海トップクラスともいわれ、絶対に外せない観光地です。

古都イムディーナ

マルタの旧首都であるイムディーナは、バレッタへの首都移動とともに住人が少なくなったため、サイレントシティ(静寂の街)とも呼ばれています。バレッタのような中世の雰囲気を、落ち着いて楽しむことができるスポットです。

治安

マルタはヨーロッパの中でも治安がいい国として、留学生に人気があります。日本と同じような感覚で、最低限気をつけて歩いていれば犯罪に巻き込まれることはほとんどありません。

ただし、ナイトスポットとして有名なパーチャビル(Paceville)は、人が多く集まり軽犯罪が発生しやすいので、注意が必要です。

なぜマルタ留学なのか?マルタ留学が選ばれる理由3選

治安が良い

海外留学をする上で治安は1番気になるところ。マルタは小さい島国であることから警察の目も届きやすく、治安は非常に良好です。ここ数年でも、テロやテロ組織の活動も確認されていません。そのため、海外生活に慣れていない人でも生活しやすいです。

近隣諸国へ小旅行しやすい

マルタは、ヨーロッパで人気の高いリゾート地の1つ。そのためヨーロッパ各国からLCC(格安航空)を利用できるため、小旅行がしやすくなっています。また、地理的にも中東や北アフリカへアクセスしやすい環境にあります。

リゾート気分で留学できる

Malta photo4 マルタ留学エージェント【5選】マルタ留学の魅力完全ガイド
マルタの主要留学都市は海沿いにあり、リゾート気分を味わいながら留学することができます。夏になると、観光客だけでなく現地のマルタ人も仕事後に海水浴をするため、ビーチはとても賑わいます。

リゾートも楽しみたいし、勉強もしたいという欲張りな願望を叶えてくれる場所です。

マルタ島の注意点2つ

日本からの直行便がない

マルタは日本でもリゾート観光地として有名で、旅行に行く日本人は多いです。ですが、日本からマルタへの直行便はありません。そのため、どこかで飛行機を乗り換える必要があります。

英語力に不安があったり、海外に行くのが初めてだったりすると、ハードルが高く感じてしまうかもしれません。しかし、ドバイなどの中東経由やフランスやドイツなどのヨーロッパ経由など、乗り継ぎルートの選択肢は豊富にあります。

水道光熱費が高い

マルタは海に囲まれているため、水資源が限られており、水道水は海水を淡水化した水が使われています。そのため、水道代は1人1ヶ月あたり30~50ユーロ(3960~6600円)で、少し高めです。

節水意識の高いマルタ人も多く、掃除をする時も水を使い回したり、洗濯は週に1回だったりするので、特にホームステイをしているとストレスを感じてしまうかもしれません。

光熱費も高めで1人1ヶ月あたり30~70ユーロ(3960~9240円)となっています。そのため、夏場は冷蔵庫の設定温度をぬるめにしたり、冬場はヒーターを使わず厚着をしたりする人も多いです。

留学の費用感

マルタの学費は、イギリスへ留学した場合と比べると安いです。1ヶ月間、質の高い大規模な語学学校へ通っても、学費は20万円前後。居住費もホームステイだと、食事付きで1ヶ月10万円程度が相場となっています。

半年以上の長期留学であればシェアハウスも契約しやすくなるため、さらに生活費を抑えることができます。また、2018年から学生ビザでのアルバイトが解禁され、現地で生活費を少し稼ぐことも可能になりました。

ヨーロッパで生活しながらリーズナブルに英語を学べるので、コスパ良く感じられるはずです。

有名な語学学校3つ

1.EC(セントジュリアン)

EC(セントジュリアン)

マルタの大規模語学学校の1つです。留学生の国籍のバランスが良く、国際色豊かな環境で学ぶことができます。29歳以下と30歳以上でクラスが分かれているので、社会人留学でも落ち着いて勉強できるよう配慮がされています。

2.EF(セントジュリアン)

EF(セントジュリアン)

語学学校の規模としては世界最大であるEF。マルタにおいても、知名度が高く人気があります。他校と比較すると、学費が高めですが、EFビーチクラブというプライベートビーチもあり、施設が充実しています。

3.IELS(スリーマ)

IELS(スリーマ)

ECと並ぶ大規模な語学学校です。30年以上の歴史があり、質の高い授業を提供しています。ヨーロッパの学生が多いのが特徴で、日本人の少ない環境で勉強したいという人にはおすすめです。スリーマの中心部に位置するため、買い物や観光もしやすいです。

留学エージェントの選び方5選

キャンセル/変更手数料はどのくらいかかるか

今回のコロナ禍のように、キャンセルや変更をせざるを得ない時があります。万が一、変更・キャンセルとなった場合に、「返金対応をしてくれるのか」「手数料はいくらかかるのか」という点は必ず確認しておきましょう。

特にエージェント独自の変更キャンセル規定は、しっかりと読むことが大切です。

割高な為替レートを採用していないか

マルタの語学学校は、基本的に現地通貨(ユーロ)で費用を請求します。そのままユーロ建てで支払う場合は問題ありませんが、円建てで支払う場合は注意するようにしてください。

エージェント独自の「自社レート」を採用していると、費用は割高になってしまいます。銀行の為替レート(TTSレート)を使用しているエージェントは良心的です。

どこまで無料サポートをしてくれるのか

無料サポートの内容は、エージェントによってまちまち。マルタ留学のエージェントは、学校手続きまで無料サポートをしてくれる所が多いですが、中には有料の会社もあります。

ビザ申請や現地での緊急時サポートなど、無料サポートの範囲を確認するようにしましょう。

現地スタッフはいるか

留学にトラブルはつきものです。緊急時に頼れるスタッフが現地にいると、安心して留学生活を送ることができます。また、学校の国籍比率、コースの開講状況、コロナ対応など、現地スタッフがいることで、より正確な情報を得られるでしょう。

いざ留学してみると、聞いていた話と違っていた…なんてことにならないように、最新の情報を手に入れることが重要です。

カウンセラーは留学経験があるか

カウンセラーにマルタでの留学経験があると、勉強面や生活面などについて、より具体的なアドバイスをしてくれるはずです。また、面倒なトラブルが起きても理解が早く、スムーズに手続きを進めてくれるでしょう。

おすすめ留学エージェント5つ

1. スマ留

スマ留:セブ島留学エージェント

スマ留はサポート料金が0円、日本オフィスでは東京で対面で相談できるサロン、海外ではJTBグローバルアシスタンスと連携しており、マルタ島にもオフィスがあります。

スマ留の特徴は、他の留学エージェントとは違い、料金体系が明確なところです。留学したい国と留学期間を選ぶだけで留学費用が決まります。

留学費用には、授業料・入学金・教材費・滞在費・サポート料・諸経費などが含まれており、非常にわかりやすいです。
(*航空券・海外保険・ビザは除く)

特に留学が初めての方で色々サポートしてもらいたい方や、学校にこだわりがなく安く留学したい!という方におすすめです。

また、他の国の留学もやっているので、2カ国留学を希望している方にもおすすめです。

スマ留のサイトを見てみる>>

2. S.H.Cマルタ留学ドットコム

S.H.Cマルタ留学ドットコム
https://www.malta-ryugaku.com
マルタ留学の手配実績が最も多いエージェント。2003年に設立され、これまでに3500人以上の留学生をサポートしています。

スタッフ全員がマルタ留学経験者というのが特徴で、知識と最新の情報量はトップクラスです。現地オフィスはありませんが、マルタ在住のスタッフがいるので、安心です。また、HISと業務提携しているため、航空券の手配もお得かつスムーズにできます。

3. マルタマルタ

マルタマルタ
https://maltamalta.com
18年以上のマルタ留学サポート実績のあるエージェント。早めに予約をする人が損をしないようなシステム作りをしているのが特徴です。

出発の4週間前まで、キャンセル手数料は0円なので、行けるかわからないけどとりあえず学校の確保だけはしておきたい、という人にはおすすめです。現地オフィスはありませんが、24時間365日連絡できる体制が整えられています。

4. エデュキャリア・マルタ留学

エデュキャリア・マルタ留学
https://maltaryugaku.com
マルタだけでなく、フィリピン留学や韓国留学のサポートも行っているエデュキャリア・マルタ留学。申込者は、フィリピン人講師とのオンライン英会話レッスンを無料で受けることができます。

また、マルタ留学+フィリピン留学という珍しい留学プランを提供している点も興味深いです。マルタに支社があり、24時間LINEで対応してくれます。

5. マルタナビドットコム

マルタナビドットコム
https://www.malta-navi.com
日本にオフィスがなく、力を入れているのはマルタでの現地サポート。語学学校と直接提携をしているため、支払う学費は手数料0円の正規料金となっています。

また、留学中のクラス変更、追加にも無料で対応してくれます。キプロスにもオフィスがあるため、緊急ではない相談にも迅速に対応しています。緊急時対応も24時間受け付けているので安心です。

まとめ

マルタはリゾート地でありながら、留学先としても人気がある国。ヨーロッパでの生活を思う存分に楽しみながら、マルタで語学留学してみてはいかがでしょうか。

観光に食事に勉強に、魅力たっぷりのマルタでの留学生活は大満足間違いなしです。

spot_img
blank
俺のセブ島留学編集部
俺のセブ島留学編集部では「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。

私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、あなたにセブ島留学の魅力をご提案したいと思います。

引き続きお楽しみに!

著者の他の記事

同じカテゴリー

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

セブ島留学とは?

おすすめ記事