2021年 2月14日 日曜日
俺のセブ島留学 学校 インタビュー 【サウスピーク】留学体験談「1日12時間ほど勉強ができるよう...

【サウスピーク】留学体験談「1日12時間ほど勉強ができるようになり、英語力が大幅に伸びました」

このコーナーではフィリピン留学をした方の体験談をご紹介します。

今回のセブ島留学生

・お名前:ゆういち
・ご年齢:28歳
・ご職業:フリーライター
・通われた語学学校:サウスピーク
・留学滞在期間:13週間

1,なぜその学校を選んだのですか?

サウスピークを選んだ理由は4つあります。

一つ目は日本人学校という点です。
生徒は日本人のみで、スタッフも日本人が駐在しているため安心して留学生活を送れると感じました。他の学校では様々な国籍の人がいて不安な面もあり、日本人学校の方が良いと判断したからです。

二つ目はスパルタ教育をしている学校だった点です。
セブ島の語学学校は遊び半分の場所が多いです。授業が終わったらビーチに遊びにいったり、クラブに飲みにいったりできる緩い学校がほとんどでした。

サウスピークは17時までの外出は禁止で、生徒の平均勉強時間は10時間。生徒の多くが学習に集中していました。17時を過ぎても遊びに行く人は少なく、与えられた課題や予習をする人が多かったです。自分を追い込める環境で勉強できると感じたので、この学校を選びました。

三つ目は自分の知り合いが多く留学していたからです。
自分の知り合いはサウスピークに留学する人の割合が多く、あらかじめ口コミや評判などを聞くことができました。良かったという声が多かったので、不安を抱くこともなく入学しました。

四つ目は食事や洗濯が不要な点です。
サウスピークでは3食付きで洗濯も業者がやってくれるので、無駄な時間を省くことができます。自炊をするとなると食材を買いに行って、調理をして、片ずけまでしなければなりません。その点サウスピークは土日の食事まで提供をしてくれるので、英語の学習に割く時間が増えました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は何ですか?

【参考書や勉強】
私は英語力がほとんどなかったので、学校側から課題が出されました。目安としては入学までに中学卒業レベルの英語力を身につけておくことです。
入学までに2ヶ月ほどあったので学校から指定された参考書を学習しました。

・中学(高校)英文法をひとつひとつわかりやすく
・英会話・ぜったい音読
・CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK
・英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる
・英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング
・1分間英語で自分のことを話してみる

上記の参考書を使用して学習に励みました。

【アイテム】
フィリピン留学に向けて準備したものは以下の通りです。

・パスポート
・クレジットカード2枚(海外旅行保険付帯)
・常備薬
・筆記用具
・南京錠2個
・ワイヤー
・サンダル
・水着
・のど飴(海外は喉が痛くなりやすいので)
・衣服類
・変換プラグ
・ウェットティッシュ
・カメラ
・パソコン
・目覚まし時計
・電子辞書
・日本食(ふりかけや味噌汁など)

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは何ですか?

フィリピン留学をして感じたのは「勉強不足」です。

英文法や単語を覚えることは日本でもできたので、もっと学習を進めておけば現地について余計な勉強をせずに済んだと思いました。特に単語などはフィリピン留学にきて勉強するものではありません。日本でしっかり覚えておけば良かったと後悔しました。

アイテム面で不足していたと感じたものは以下の通りです。
・防水のアクションカメラ(セブ島へ留学する人のほとんどがジンベイザメツアーに行くため)
・日本食(ふりかけやご飯のお供系をもっと準備すれば良かったです)

セブ島は都会だったのでアイテム面で困ったことは少なかったです。必要なものは買いに行けるので便利でした。

4,学校の施設はどうでしたか?

学校の施設は非常に綺麗でした。私が入学した時はちょうど新校舎がオープンした当日だったので、教室や部屋も新品で文句の言いようがなかったです。部屋は6人部屋でしたが、面積が非常に広かったので窮屈さもなく快適に過ごせました。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい

私が受けていた初心者クラス1日のスケジュールは以下の通り。

9時〜  マンツーマンレッスン(文法)
10時〜  マンツーマンレッスン(発音)
11時〜  自主学習
16時〜  文法テスト
17時〜  自主学習

基本的にはレッスンが2コマあって、後の時間は自主学習の時間でした。初心者はインプットは少ないのでアウトプットは少なめで、自主学習の時間を多めにとってあります。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

もっともためになった授業は発音の授業です。サウスピークはセブ島でも珍しい発音矯正の授業がある有名な学校です。発音が分かれば相手の話している言葉を聞き取りやすくなるので、非常にためになりました。今でも英語を話す時は発音に気を遣って話しています。

ためにならなかったのは文法のテストです。テスト内容は参考書に載っている英文を暗記してくるというもの。文法を身につけるテストなのに、ただの暗記大会だと生徒から不満がこぼれていました。

実際に体験をしてみて、文法の上達はみられなかったので廃止した方が良かったです。

7,周りの環境、治安はいかがでしたか?

セブ島の治安は一部の除けば良かったです。基本的にスラム街のような場所に行かなければ危険な目に遭うことはないと思います。サウスピークではスラム街やコロン(クラブなどが多い場所)に行くことは禁止にしていて、違反した人がいたら即退学になっていました。

よって治安の面では危険な目に遭ったりすることもなかったです。

周りの環境ですが、スーパーやショッピングモールも多く、食事にも困りませんでした。タクシーなども格安で乗れるので、いろんな場所に気軽に行けるのもポイントです。

8,食事内容はいかがでしたか?

食事は土日を含め3食提供されました。

メニューとしては、ご飯、汁物、おかず3品、フルーツといった内容で味は不味くもなく美味しくもない感じでした。

最初は物珍しさで美味しいと感じていましたが、おかずがパターン化されており3ヶ月経つ頃には完全に飽きて、食事を受け付けなくなっていました。おかずの内容は肉を焼いたり、野菜炒めなどですが、味付けが少し日本とは違ったので美味しくないと感じる日もありました。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

食堂にWi-fiがあり、割と問題なく使えました。(YouTubeが見れるくらい)

ただ生徒が一気にネットを使うと全く繋がらなかったので、もっと大人数に対応したWi-fiを設置してほしいと感じていました。部屋にはWi-fiが繋がっていなかったので、食堂で動画をダウンロードするしかなかったです。勉強に集中できるという面では良かったと思います。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

サウスピーク最大のメリットは、学習に集中できる環境が整っている点です。
推奨されている自主学習時間は10時間なので、生徒は黙々と勉強をしています。私は勉強嫌いだったのですが、周りが集中しているので学習せざる負えませんでした。結果、1日12時間ほど勉強ができるようになり、英語力が大幅に伸びました。

デメリットは会話をするレッスンが少ない点です。1日2コマ程度しかなく、ほとんどは自主学習。英語を話す能力は他の語学学校よりは身につかないと感じました。

他の学校の生徒がペラペラに話せるようになっているのを見ると悔しかったです。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

留学成功のコツは「事前学習」にあると思います。日本でできる学習を終わらせておけば、学校でのランクも大幅に上がり、受けられるレッスンの種類も増えました。

文法や単語は日本でも学習できるので、あらかじめ予習をしておくと良いでしょう。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

余談ですがセブ島留学中に感染症にかかってしまい入院をしました。海外旅行保険付帯のクレジットカードを持ってきていたので治療費は無料でしたが、持ってきていなかったら大変なことになっていました。

これからセブ島留学をする人は海外旅行保険に加入をしてから来るようにしてください。

フィリピンセブ島留学の語学学校全リストはこちら

ゲストライター
ゲストライター
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

国内で最短で英会話を身につける方法

著者の他の記事

TAGS

Zoom会議・海外赴任で英会話力が必要なあなたへ、緊急のご案内

Zoom会議・キャリアアップ(海外赴任・転職)など、英会話の必要性を痛烈に感じていませんか? きっとこれまでもあな...

海外留学や旅行で役立つスマホVPN 必要性とおすすめアプリ

スマホVPNの必要性とおすすめアプリ 今や生活必需品となっているスマホ。 一日まったく触らずに過ごす人はいないの...

「転職のためにTOEICで高得点を取りたい」という相談に私ならこう答える

「転職のためにTOEICで高得点を取りたい」 これは、実際に最近私が受けた質問です。 そして、フィリピン留学...

【青年海外協力隊】なぜ平凡なサラリーマンがJICA青年海外協力隊に参加したのか?

はじめまして、Steveです。もちろんニックネームで、生粋の日本人です。 私は2011年にJICA(国際協力機構)...

同じカテゴリー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

新型コロナ関連情報

セブ島留学 おすすめ記事

セブ島観光

最新記事