2021年 1月26日 火曜日
俺のセブ島留学 学校 学校代表寄稿 「留学3.0」2019年、これからの海外留学について

「留学3.0」2019年、これからの海外留学について

あけましておめでとうございます!
AHGS English Academy代表の早川 諒です。

2018年は大変お世話になりました。
昨年一年間、セブ島留学に携わって頂いた総ての方に厚く御礼申し上げます。

さて、2015年1月にスタートした当校は、ちょうど学校を運営して丸4年となりました。この4年間で約3000人の卒業生の方に支えられて来ました。

そこで、今回はこの4年間の学校運営を通して感じている、「これからの時代の海外留学の在り方」について、
お伝えしたいと思います。

【留学1.0】~10年くらい前までの留学

20年前、まだ10代だった僕は、海外留学に漠然とした憧れがありました。

ですが当時、英語留学とはアメリカやカナダ、オーストラリアに年単位で何百万円というお金をかけてまさに、「一生に一度」「親にお金を出してもらって」「人生を賭けて」行く超ビッグイベント、というイメージがありました。

お金が無かった僕は、現実的に留学に行くための「お金」という問題に直面した時に、誰かに何百万円もの借金を頼み込んで行くほどの覚悟もない自分に気が付きました。

そもそも大学にも行っていないので、留学をバックアップしてくれる機関もないから、誰を頼っていいかもわからない。

なんとなく、海外に行ってみたいなあ、英語が話せるようになれたら格好良いなあ、という今にしてみると甘い考えだった僕が一個人で行くには、あの頃の海外はあまりに遠かったのです。

そして、10代だった僕は海外留学を諦めました。

留学1.0時代は、留学とはお金持ちか、海外の大学や大学院など高等教育機関に留学するような人が殆どでした。

結果、そのような海外の高等機関に在籍する日本人留学者の数も減り始めたのが、約10年前だったのです。

AHGS
※海外高等機関等に在籍する日本人留学生の推移(文部科学省 発表資料より抜粋)

ここ数年間の留学(留学2.0)

そんな、昔からある留学(=とにかくハードルが高い物)という概念を大きく覆して、新しい海外留学の道を日本人に対して強く示したのがセブ島留学です。

今から6年程前、僕の知人の女性が世界一周の旅に出ました。

その時の彼女が言っていた事が、「私は英語が話せないから、最初の3ヶ月間は費用を抑えるためにセブ留学をして、そこで英語レベルを最低限身につけて、そこからアジアを回って、その後ヨーロッパに・・・」というような話でしたが、

セブ留学など聞いた事もなかった僕からすると、

「セブ留学?セブ語を勉強しに行くの?というか、セブってどこの国?」という感じでした。

セブがフィリピンであり、フィリピンが世界第三位の英語公用語国である事など、当時の僕は全く知らなかったのです。

英語を学ぶなら高いお金をかけて欧米に留学しに行くか、高いお金をかけて国内の大手英会話スクールに通うか、いずれにしても多額の費用をかけるしかない、と思われていた英語教育業界に新しい風が吹いていた事を、この知人の話を聞いて初めて知りました。

ですが、その後、セブ島留学の存在は多くの日本人の留学希望者の間に急速に広まって行きました。

・留学のバックアップ体制の整っている大学生ではない自分でも、
・お金に余裕がない自分でも、
・時間がない自分でも、

格安で、日本から近く短期でも行けて、英語力の高いセブ島に、自分個人の力で英語留学できる。
そんな新しい海外留学の行き方が支持されたのです。これが、留学2.0です。

そこから、これなら「お金が無くて留学を諦めた」僕だからこそ提供出来る、新しい留学のカタチがあるのではないかと思い、「挑戦したいという想いさえあれば誰でも来れる留学プラン」をコンセプトに、0円留学プランを始めました。

0円留学を始めた経緯の詳細はこちら
留学業界に革命を起こした「0円留学」の真実

TESDA認定の当校が、SSP(Special Study Permit)と、SWP(Special Working Permit)の両方を取得する事で、勉強と仕事の両方を安心安全に合法的に行う事ができる仕組みを創り上げて、この留学2.0の新しい留学スタイルを生み出した、セブ島格安留学の中でも最も格安なプランを提供して来ました。

セブ留学全体も、一気に認知され拡大したのがこの時期です。

この数年間でセブ留学に行く日本人の数は飛躍的に伸びました。留学1.0時代には費用や時間の問題で留学が叶わなかった人たちにも、実現可能で身近な留学となったのです。

2019年、これからの留学(留学3.0)

では、今後の留学スタイルはどうなっていくのか。

一言で言えば、「留学のカタチの多様化」が拡大します。

留学生の方が選ぶ国や地域もそうですし、留学学校が提供するプランも、今までの英語留学の枠に捕われず様々なスタイルが出て来ると思います。

留学とは、英語(語学)を学びに行くもの。
そういった今までの留学に対する基本的な概念すら、今後大きく変わって来るでしょう。

AHGS English Academyでは、当然、英語留学学校として英語力を学ぶために英語レッスンのカリキュラムに力を入れています。

「全クラス完全マンツーマン」「1日最大8時間レッスン」「初心者対応」「日本人サポート充実」などセブ留学の王道を行くスタイルで英語の授業を行っています。

ですが、AHGSは、留学の最大の価値は、
「海外留学生活をワクワクしながら体験し、留学に来て頂いた方のその後の人生を変える」
ことだと思っています。

その為、英語を学ぶだけではなく、英語+仕事の「0円留学」、英語+ダイエットの「ダイエット留学」、英語+ダイビングの「ダイビング留学」、英語+ITの「グローバルIT留学」など、

セブ島留学を通して、英語を学ぶことは真剣にやりながら、それ以外の新しい事にもチャレンジできるチャンスを提供しています。

他の学校にはあまり無いような留学プランをやってきているので、特殊な事ばかりやる奇異な学校として見られる事もありましたが、僕たちは真剣に、これからの新しい時代にあった、新しい留学のカタチをもっともっと提供して、そして提供するからには、それぞれ本気でクオリティを追求して、今までの留学に対する既成概念をぶっ壊して行きたい。

そう思ってます。

かつての僕のように、英語そのものをとにかく詰め込んで勉強をしたいという覚悟はない。
何百万円というお金を投資してまで英語を学ぶ覚悟はない。
そういった方も、大歓迎です。

セブ留学をキッカケとして、海外に出ることの素晴らしさ、
それによって得られる自分の人生を変えるヒント、
それを、皆さんにも、もっと気軽に体験してもらいたいと思っています。

AHGS(アーグス)の公式HP・お問い合わせはこちら

早川 諒 (AHGS)
早川 諒 (AHGS)
AHGS English Academy代表

2014年に日本の東証一部上場企業から独立起業し、2015年1月に「0円留学」のブランドでAHGS English Academyを開校。

2016年1月に、現地フィリピン人向け日本語学校AHGS Japanese Academyを開校。

また、英語学校としてはセブだけではなくオーストラリア・ゴールドコーストに姉妹校を持つ。今まで1500名以上の卒業生を輩出。セブ、東京、名古屋、大阪でコールセンター事業も展開。

0円留学をはじめ、「グローバルIT留学」「ダイエット留学」など特徴の強い留学プランを次々と打ち出し、留学業界に革命を起こし新しい留学スタイルを築き上げる風雲児

国内で最短で英会話を身につける方法

著者の他の記事

留学業界に革命を起こした「0円留学」の真実

皆さんはじめまして。 「0円留学」の創設者の早川 諒と申します。 今回ご縁を頂き俺のセブ島留学さんで、私の0円留...

TAGS

Zoom会議・海外赴任で英会話力が必要なあなたへ、緊急のご案内

Zoom会議・キャリアアップ(海外赴任・転職)など、英会話の必要性を痛烈に感じていませんか? きっとこれまでもあな...

海外留学や旅行で役立つスマホVPN 必要性とおすすめアプリ

スマホVPNの必要性とおすすめアプリ 今や生活必需品となっているスマホ。 一日まったく触らずに過ごす人はいないの...

「転職のためにTOEICで高得点を取りたい」という相談に私ならこう答える

「転職のためにTOEICで高得点を取りたい」 これは、実際に最近私が受けた質問です。 そして、フィリピン留学...

【青年海外協力隊】なぜ平凡なサラリーマンがJICA青年海外協力隊に参加したのか?

はじめまして、Steveです。もちろんニックネームで、生粋の日本人です。 私は2011年にJICA(国際協力機構)...

同じカテゴリー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

新型コロナ関連情報

セブ島留学 おすすめ記事

セブ島観光

最新記事